iPhone8を買う前の注意点についてまとめてみました


皆さんこんにちは。「Apple Club」管理人のペガローです。

 

iPhone8が発売されてからそろそろ1ヶ月ですが、もう手に入れた方はいらっしゃるでしょうか?

 

今回は、iPhoneを初めて購入するか迷っている方に対して、iPhoneの注意点や確認するべきことをまとめてみました。

 

iPhoneはとても良い機種なのですが、もちろん普通のスマホの方が優れている点もありますので、この記事を参考にしてもらえたらと思います。

※この記事は、「iPhoneと普通のスマホの操作性や性能の違い」について記載しています。もし、iPhoneと普通のスマホの料金の差などを知りたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

 

iPhoneが他のスマートフォンと違う点

1つの会社が全てを作っている

 

iPhoneを作っているのは「Apple」というアメリカの会社です。この「Apple」という会社がiPhoneの全てを作っています。

 

「それは他のスマートフォンも一緒じゃないの?」と思われた方もいらっしゃるのと思いますが、実は違うのです。

 

他のスマートフォン、例えば有名なXperiaなどは日本の「SHARP」という会社が作っています。しかし、中に入っているソフト部分は実はGoogleが作っているのです。

 

そもそもスマートフォン(iPhone含む)のようなコンピュータ機器には必要なパーツが大きく分けて2つあります。

 

  • 画面や外装など(ハード)
  • 機器を動かすプログラム(ソフト)

 

この2つが揃って初めてスマートフォンは動くようになっています。

 

話を戻すと、iPhoneは「Apple」がハードからソフトまで全てを設計して作っています。

 

しかし、Xperiaは「SHARP」がハードを作り「Google」がソフトを作っているのです。

 

この点はiPhoneを語る上でとても重要なことですので、しっかりと覚えてください。

 

他のApple機器との連携

例えば、「Apple」はiPhoneの他にもApple Watch(腕時計)やMac(パソコン)を作っています。iPhoneユーザーはこれらの機器を持っていれば、その場でiPhoneを持っていなくても、iPhoneで撮った写真や受信したメール・ラインを確認することが可能です。

 

Mac(パソコン)を使えば、わざわざデータを移さずともiPhoneで撮った写真や動画の編集ができます。

 

先述した「ハードもソフトも全て1つの会社が作っている」からこそできる連携機能です。

 

デザインの統一感

iPhoneやMacを見たことがある方はご存知だと思いますが、「Apple」は機種本体のデザイン性にかなり力を入れています。「Apple」の生みの親である故スティーブ・ジョブズ氏は在任中に「美しくないから」という理由でコンピュータ開発を白紙に戻したこともあるとのこと。

 

このデザインという点は正直、好みが分かれると思いますが僕個人としてApple社のこだわりとジョブズ氏のこだわりエピソードが好きなので紹介させていただきました。

 

Apple Storeの存在

 

「Apple」は「Apple Store」という専門店を日本の各所(現在7箇所)に出店しています。この中ではAppleが販売している商品が綺麗に陳列されており、また実際に手にとって触ってみることも可能です。

 

家電量販店や携帯ショップでも触ることは可能ですが、雰囲気がやはり直営店ということで全然違います。商品説明もかなり丁寧にしてくれるため、気になる方は1度でもいいので行ってみてはいかがでしょうか?

 

日本全国の「Apple Store」の場所はこちら

 

iPhoneを使うことによるメリット・デメリット

メリット

コールセンターの対応が良い

→もし、iPhoneを使っていて困ったことがあれば、Appleが直接サポートしているコールセンターに問い合わせます。僕個人の感想なのですが、Appleのコールセンターの対応はとても良いです。高級ホテルのフロントスタッフと話しているかのような気持ちになってきてしまいますよ(オペレーターの当たり外れはあるかもしれませんが)。

 

周りの人に聞きやすい

→驚いたことに、日本人でスマートフォンを使っている人の約70パーセントがiPhoneを使っているとのデータが出ています。特にSoftBankを使っている人はiPhoneのイメージが強いですね!それだけ利用者も多いため、ネット上でもiPhoneに関して困ったことは検索すれば大体解決します。

 

各キャリア(docomo/au/SoftBank)が優遇している

→先述した通り、日本のスマホ市場におけるiPhoneユーザーの割合が圧倒的に高いため、大手3キャリアはiPhone専用のプランを用意しています。そのため、乗り換えなどの条件が揃えば最近話題の「格安スマホ」にも負けない料金でiPhone8を手に入れることもできたりします。

 

デメリット

修理受付が面倒

→ここがiPhone最大の弱点といってもいいでしょう。普通のスマートフォンやガラケーなら機種が壊れてしまった際はショップに持っていって修理をしてもらいますよね。しかし、iPhoneは故障したら「Apple Store」か正規プロバイダに持っていかないと修理はできません・・・郵送以外は。

つまり、近くに上記の店舗がない方はiPhoneを修理する事態になってしまったら非常に面倒な手順(Appleに連絡→自分でiPhoneを包んで郵送→修理された機種を受け取る→代金を支払う)を踏まないといけなくなります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、iPhone8を買う前に気をつけるべき注意点についてお伝えしました。

 

この記事に関してご質問や気になることがあれば、下のコメント欄からコメントをお願い致します。

管理人の仕事の都合上、返信が夜遅くになってしまうかもしれませんが、できるだけ即日中に返信いたします。

 

 


カテゴリ:iPhone  [コメント:0]

コメントフォーム

トラックバックURL: 
格安スマホ人気NO.1
モバイルルーター人気NO.1
管理人プロフィール

 

ペガロー

管理人:ペガロー
ITをこよなく愛するゆとり世代。
脱サラに憧れ、ブログを始めた。
自分のパソコンを買ったのは
つい最近だったりする・・・

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
人気記事
最近の投稿

ページの先頭へ