iCloudとiTunesそれぞれのバックアップ方法の違いについて教えます


iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

皆さんこんにちは。

 

「Apple Club」管理人のペガローです。

 

今回は、iPhoneの機種変更や修理をする際

 

必ずやっておかなければならない

 

「データのバックアップ方法(iCloud、iTunes)」について紹介していきます。

バックアップの種類

iPhoneのデータをバックアップする方法は大きく分けて2種類あります。

  • クラウドにバックアップする(iCloud
  • パソコンにバックアップする(iTunes

 

2つの方法それぞれの違いについて

理解してから、

 

自分に合った方法でバックアップを取って

 

いただけたらと思います。

 

iCloudとiTunesの違い

バックアップするデータの種類

iCloudとiTunesでは、バックアップできるデータの種類が違います。

 

そして、その種類はiCloudよりiTunesの方が多いです(パソコンに取り込むから当たり前かもしれませんね)

 

iCloud

→iCloudでバックアップできるデータはiPhone本体の

 

「設定」「iCloud」で確認可能です。

(画像の青枠内側)

 

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

【バックアップできる主なデータ】

  • 写真・動画
  • 電話帳・メール・メモ
  • ホーム画面の配置
  • 本体設定

iTunes

→iTunesでバックアップできる

データに関して、

 

Apple公式サイトでは

次のように説明しています。

 

iTunes バックアップでは、デバイスのほぼすべてのデータと設定情報がバックアップされます。以下のデータは iTunes バックアップの対象にはなりません。

  • iTunes Store および App Store から入手したコンテンツ、または iBooks に直接ダウンロードした PDF (このコンテンツは iTunes で「購入した項目を転送」を使ってバックアップできます。)
  • iTunes から同期したコンテンツ (読み込んだ MP3 や CD、ビデオ、ブック、写真など)
  • クラウド (マイフォトストリーム、iCloud フォトライブラリなど) にすでに保存されている写真
  • Touch ID の設定内容
  • Apple Pay の情報と設定内容
  • アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ (これらのコンテンツをバックアップするには、iTunes でバックアップを暗号化する必要があります。)

 

引用元:iOSデバイスのバックアップについて

 

長いので簡潔にまとめると、

 

【バックアップできる主なデータ】

上記のiCloudにバックアップできる

データ+

  • 通話履歴
  • キーチェーン
  • インストール済みのプロファイル

 

つまり、基本的にiCloudで出来て、iTunesでバックアップ出来ないデータはないということですね!

 

※LINEのトーク履歴に関しては、LINE側で

バックアップを取る必要があります。

 

詳しくはこの記事を参考にしてください。

iPhone8にLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法

 

バックアップできる容量

iTunesの方が、iCloudよりもたくさんの種類のデータをバックアップできることがわかりました。

 

それでは、今度はバックアップできるデータの容量について比較していきましょう。

 

iCloud

→5ギガまで無料。

それ以上の容量を使う際は、有料制(月額課金)になります。

 

【価格表】

  •       〜5ギガ=無料
  •     〜50ギガ=130円/月
  •   〜200ギガ=400円/月
  • 〜1000ギガ=1300円/月

iTunes

→バックアップを取るパソコンの空き容量に依存します。

 

※お使いのパソコンのOSによって、

空き容量の確認方法は異なるため、

各自で確認をお願いします。

 

iCloudだと5ギガまでしか無料でバックアップできないんですね・・・

 

iPhoneユーザーは写真を撮る人が多いので、5ギガじゃ足りない方が多そうです。

 

バックアップ環境

ここからは、バックアップをするために

必要な道具や環境を比較していきましょう!

 

iCloud

【必要なもの】

  • iPhone本体
  • wi-fi環境
  • iPhoneの充電器

 

iCloudでバックアップをするためには、

「充電中のiPhoneがwi-fiに繋がっていること」

が条件になります。

 

充電器は付属のもので大丈夫です。

 

しかし自宅でネットの契約をしていない方がiCloudにバックアップを取るためには、

 

どこか別の場所でwi-fi環境を探してバックアップするしかありません。

iTunes

【必要なもの】

  • iPhone本体
  • パソコン
  • iPhoneとパソコンをつなぐケーブル

 

iTunesでバックアップを取るためには、パソコンとiPhoneを通信用のケーブルで接続する必要があります。

 

ケーブルはiPhoneの箱に最初から入っているものを使っていただければ問題無いです。

 

中間まとめ

結論から言うと、

「パソコンを持っている方はiTunes、持っていない方はiCloudでバックアップをとる」

というのがベターです。

 

しかし、よくあるのが

「パソコンはないし、写真の容量が多すぎてiCloudの5ギガを超えてしまう」

というケース。

 

そういった方にはこちらの記事がオススメです

iCloudに写真を無限にバックアップできる方法

 

この記事に書いてある方法を使えば、1つのiCloudに50万枚まで写真が保存できます。

 

さらに、iCloudの特殊なスペースに保存するため、上記の5ギガを圧迫することもないと言うまさに裏技!

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

実際にバックアップする

ここからは、実際にバックアップを取っていきましょう。

 

iCloudにバックアップをとる

iPhone本体の設定画面を開いてください

 

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

画面上部の青枠部分をタップしてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

画像中央あたりの「iCloud」という項目をタップしてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

画面を下にスクロールしたら、

「iCloudバックアップ」という項目があるのでタップしてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

iPhoneが充電器につながっているか、

wi-fiにつながっているかを確認してから、「今すぐバックアップを作成」

をタップしてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes
画像青枠のような表示が出てくるので、バックアップが終了するまで待機してください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

以上で、iCloudを利用したバックアップが完了します

 

iTunesにバックアップをとる

1.まず、パソコンとiPhoneをケーブルで繋いでください

 

2.Mac側でiTunesを立ち上げてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

3.画像の青枠部分をクリックしてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

4.画像左側の青枠2つにチェックを入れて、右側の

「今すぐバックアップ」をクリックしてください

iPhone,バックアップ,方法,iCloud, iTunes

 

5.バックアップが始まったら、画面上のリンゴマークがバックアップ状況を表すバーに変わります。

 

また元のリンゴマークに戻ったら、バックアップが完了しています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は、「iCloud」「iTunes」それぞれでiPhoneのバックアップをとる方法やその違いについて紹介させていただきました!

 

この記事に関してご質問や気になることがあれば、下のコメント欄からコメントをお願い致します。

 

管理人の仕事の都合上、返信が夜遅くになってしまうかもしれませんが、できるだけ即日中に返信いたします。


カテゴリ:iPhone  [コメント:0]

コメントフォーム

トラックバックURL: 
格安スマホ人気NO.1
モバイルルーター人気NO.1
管理人プロフィール

 

ペガロー

管理人:ペガロー
ITをこよなく愛するゆとり世代。
脱サラに憧れ、ブログを始めた。
自分のパソコンを買ったのは
つい最近だったりする・・・

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
人気記事
最近の投稿

ページの先頭へ