スマホの料金が高い理由とその解決法について【元スマホ販売員】


皆さんこんにちは。

 

「Apple Club」管理人のペガローです。

 

今回は、お使いのスマホ料金が高い人(毎月8千〜1万円ぐらい)向けに

 

  • 料金が高い理由
  • 料金を下げる方法

 

を紹介していきます。

 

料金プランの基礎知識

スマホの月額料金はどの携帯会社も必ず

  • 基本プラン
  • 機種代金
  • オプション
  • 各種割引

上記の4つに分類して考えることが可能です。

 

スマホの料金

=①基本プラン+②機種代金+③オプション−④各種割引

 

って感じですね。

 

逆に言うと、これさえ理解すれば自分のスマホの料金が高い原因を特定することができます。

 

それでは早速説明していきます。

 

基本プラン

基本プランの主な考え方は「通話」と「インターネット」です。

 

1ヶ月の間に通話をどれだけしたいのか、インターネットをどれだけしたいのかによって基本プランの料金は変動します。

 

例えば、docomo/au/SoftBankのスマホを使っている方の場合

  • 電話→カケホーダイ
  • インターネット→5ギガ

こんなプランの人が多いです。

 

そして、このプランだけで毎月8640円(税込)かかります。

 

めっちゃ高いですよね??ちなみに、基本プランの料金って、docomo/au/SoftBank全く一緒です。

 

実はこの「カケホーダイ+5ギガ」って、数年前の携帯会社が販売員(ショップや家電量販店のスタッフ)に対して、

 

「このプランで契約を取れー!」

 

って推奨していたプランなんですね。

 

そして、1回契約しちゃったらスマホの料金プランなんてぶっちゃけ覚えてないじゃないですか?笑

 

だから、機種変更する時とかもプランはそのままって人は割と多いんです。

 

・・・とまあ、そういう経緯があるのですが何故、携帯会社が上記の

 

「カケホーダイ+5ギガ」を勧めていたのかというと「携帯会社が儲かる」からなんです。

 

営利企業だから当然といえば当然ですが、僕達エンドユーザーは自分たちを守るためにも、

 

自分に適切なスマホの基本プランを知る必要があります。

 

自分に合った通話・インターネットのプランを把握する

 

機種代金

スマホの本体代金のことです。

 

スマホの機種にも色々ありますが、最新のiPhoneとかだと10万円近くします。

 

もはやその辺のパソコンよりも高いですね笑

 

種類やメーカーもたくさんあるので、店員さんの勧められるままに機種を決めたという方も多いのではないでしょうか?

 

ここにも携帯会社の思惑が絡んでくるのですが、実は各携帯会社はスマホの製造元(メーカー)から自社開発のスマホを販売したらインセンティブが入ってくることがあります。

 

【例】

Xperia(エクスペリア)を販売→ソニー

AQUOS(アクオス)を販売→シャープ

iPhoneを販売→アップル

 

そして、高単価のスマホほど携帯会社はメーカーからインセンティブをもらいやすいために、携帯会社の言う通りに機種を選ぶと大抵は高いスマホを買わされます(店員さんが良い人だったりしたら別です)。

 

仮に8万円のスマホを2年分割で購入すると、

8万円÷24ヶ月=約3333円/月

毎月3333円を2年間支払い続けなければいけません。

 

もちろん自分が好きで選んだ場合は話が別ですが(僕もデザインが好きなので高いiPhoneを使ってます)、何もわからないまま高い商品を買わされるのは嫌ですよね。

 

特にメーカーや機種にこだわりがない人は、色々なサイト(当ページでもOK)で調べたり、詳しい人に聞いたりして情報を集めておくべきでしょう。

 

店員さんの言われるままに高い機種を買わない

 

オプション

誤って機種を壊してしまった際の保険やセキュリティ、動画視聴サービスなどがオプションです。

【オプションの例】動画視聴サービス

  • docomo→dTV
  • au→auビデオパス
  • SoftBank→UULA

よく分からないまま不要なオプションをつけっぱなしにしてませんか?

 

これは僕の主観ですが、壊れた時の保険はともかく携帯会社のオプションなんてほとんど不要です。

 

よく「セキュリティが〜」とか「操作サポートが〜」とか店員さんが言ってきますが、

 

セキュリティなんてあってもなくてもすごいハッカーさんならこじ開けてきますし、操作なんてショップで聞いた方が早いです。

 

そして、すごいハッカーさんは別に僕たち一般庶民の個人スマホのデータに興味なんかありません。

 

費用対効果が低いですからね。

 

オプションも毎月数百円ぐらいなので見逃してしまいがちですが、だいたいオプションは2年間継続すると1万円は超えます。

 

※外したら再加入不可のオプションもあるので、その点だけ注意してください。

 

加入中のオプションの内容を把握する

 

各種割引

スマホを契約すると、上記の「基本プラン」「機種代金」「オプション」という料金が発生することは分かってもらえたかと思います。

 

そしてここからが最も大事な話になるのですが、今の通信業界には様々な割引があります。

 

それはもう、本当にたくさんの割引があります・・・

 

毎月いろんなキャンペーンがありすぎて、現場のスタッフがキャンペーンを覚えきれないくらいに笑

キャンペーンの例

  • 乗り換え割
  • 機種代金の割引
  • インターネットとの割引
  • 長期継続割引
  • 季節ごとの割引(学割など)

ここで重要なのは「ほとんどの割引は適用後2年間で消失or減額する」ということです。

 

大手携帯会社は、新規ユーザーを何よりも重視しています。

 

新規ユーザーを獲得すれば、そのユーザーから月額の使用料をもらえるだけでなく、スマホの使用履歴などの企業戦略を練る上で重要なデータを得られるからです。

 

古参のユーザーからは、料金は得られても新規ユーザーほどのデータは得られません。

 

そのユーザーのデータは、過去に契約してもらった時点から現在までの間にすでに蓄積されているからです。

 

そのため、携帯会社は新規ユーザーの獲得に躍起になっているわけで、

 

ほとんどの割引が新規ユーザーを獲得するためのものであると言えます。

 

料金が高いと感じている方は、同じ会社を長く使っている人が多いです。

 

そして残念ながら、そんな人ほどあまりお得ではないのが今のスマホ業界なのです。

 

ほとんどの割引は2年で終了or減額する

 

中間まとめ

ここで一旦、今まで説明してきた内容をまとめますね

スマホの料金プランは大きく「基本プラン」「機種代金」「オプション」「割引」の4つに分けられる

基本プランの見直しで料金を下げられる可能性がある

好きではないなら高い機種を買わない

不要なオプションは外す

割引は新規ユーザーに適用される

 

自分のスマホ料金が高い理由がなんとなく分かってきたのではないでしょうか?

 

それではここからは、「料金を下げるための具体例」を紹介していきます!

 

スマホの料金を安くするために

今まで説明してきた通り、

 

スマホの料金

=基本プラン+機種代金+オプション−割引

 

こんな構成になっています。そして、この仕組みはどの携帯会社も一緒です。

 

ということはつまり、スマホの料金を下げるためには

  • 基本プラン・機種代金・オプションを下げる
  • 割引(キャンペーン)を増やす

 

のどちらかしかないということです。

 

しかし、基本プランは大手3社は全て横並びですし、割引も2年しか続きません。

 

じゃあ、同じスマホを長く使うような人はどうすればいいのか?

 

長く使っているのに、割引が減って料金が高くなるなんて嫌ですよね。僕もです笑

 

そんな人にオススメなのが「格安スマホを検討してみる」ことです。

 

格安スマホについてはこちらの記事を参考にしてください

 

格安スマホならUQモバイルが最高な「決定的理由」を教えます

格安スマホの最大手「UQモバイル」について書いています。

 

専門用語とかは使っていないため、スマホに詳しくない人でも簡単に格安スマホの基本がわかると思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はスマホの料金が高いと感じている人向けに、その理由と解決法について紹介しました!

 

この記事に関してご質問や気になることがあれば、下のコメント欄からコメントをお願い致します。

 

管理人の仕事の都合上、返信が夜遅くになってしまうかもしれませんが、できるだけ即日中に返信いたします。

 

UQモバイルに関しての情報はこちら

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

 

 


コメントフォーム

トラックバックURL: 
格安スマホ人気NO.1
モバイルルーター人気NO.1
管理人プロフィール

 

ペガロー

管理人:ペガロー
ITをこよなく愛するゆとり世代。
脱サラに憧れ、ブログを始めた。
自分のパソコンを買ったのは
つい最近だったりする・・・

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
人気記事
最近の投稿

ページの先頭へ